GI Sweater

寒さが少しずつ厳しくなるとニットの出番です。

今日は68らしいニットセーター、G.I.Sweater をご紹介します。









ミリタリーをベースとしたニットセーター。

軍支給品のヴィンテージをサンプリングした、武骨な佇まいの一着です。











襟にボリュームを持たせたショールカラータイプ。

コットンニットで編み立てているので、肌触りも非常に柔らかく、着心地も暖か。

Tシャツの上に着てもチクチクせず、ご家庭でお洗濯も出来ますので、スウェット感覚で着られます。











何と言ってもショールカラーがデザインポイント。

フロントのボタンと共にアクセントを効かせてくれます。

首回りの保温性も高めてくれて、ホリデーシーズンならではのルックを形成します。











袖はラグランスリーブになっており、脱ぎ着も容易。

見た目の武骨さとは裏腹に、リラックスして着られるのも特徴です。












裾と袖のリブは、きつ過ぎない程よいテンション。

伸縮性があり、シャツなどのレイヤードもストレスなく楽しめます。







Model : 171cm

CAP : Wool Hunting Cap (Gray Plaid)

OUTER : Coach Jacket "LOWEREAST" (Navy/M)

KNIT : G.I.Sweater (Gray/M)

BOTTOMS : Tapered ST Chino Pants (Black/S)

BOOTS : Saddle Boot (Gray×Black/US7)







中綿入りのコーチジャケットとキャスケットでトラッドなスタイリング。

久々にしっかり着込むと、ほっこりしつつも身も引き締まります。

日曜日は東京も真冬の寒さと言われてますが、これなら万全です。









コットンで仕立てたコーチジャケットは、ニットと合わせる事でスウィングトップの様なイメージで着られます。

とは言えコーチらしいシルエットで、ゆったりたっぷりのんびりです。

ツィードのキャスケットもイキフンを高めてくれますね。








ホリデーらしいレイヤードで楽しみたい、タフで武骨なニットセーター。

この週末、この暖かさに包まれてみて下さい。











68&BROTHERS

Twitter : @68andbrothers

instagram : @68andbrothers

Facebook : @68andbrothers

WEAR : @68andbrothers

HOT SHYT by KSK : back to top